Googleしごと検索(Google For Jobs)掲載方法の続き

2020.08.03

前回までは、Googleしごと検索(Google For Jobs)の大まかな紹介とマークアップを紹介しました。

今回は、マークアップ後の流れを見ていきます。


目次

1)コード確認ツール「リッチザルト」
2)「URL検査ツール」でインデックス登録リクエスト
3)Googleしごと検索(Google For Jobs)掲載方法

 

コード確認ツール「リッチザルト」

マークアップが完了したらエラーがないか確認します。

確認ツールとしてGoogleのリッチザルトにアクセスします。

Googleリッチザルト

「URL」タブと「コード」タブがあります。デフォルトでは「URL」タブが表示されるので、「コード」タブをクリックします。

すると、「テストするコードを貼り付け」と記載されているボックスが表示されますので、ここにコードをコピペして、「コードをテスト」ボタンを押します。

テスト結果が表示されますので、エラーがないか確認します。

エラーと警告がでていないか確認します。

上図は警告が出た例です。

【validThrough】プロパティの記載がなく警告が出ています。(任意)と書いてありましたが、警告がでてしまっては記載するしかないので、インデックスしてもらうために記載が必要です。

修正後同じ流れでテストし、問題がなければコードをページに追加します。

残念ながら、作ったコードの外部ファイル化はできませんでした。なので、コードを直接ページ内の「head」に追加して、サーバーにアップします。

 

「URL検査ツール」でインデックス登録のリクエスト

サーバーへのアップが完了したら、サーチコンソールの「URL検査ツール」を使って構造化マークアップを導入しているURLが、Googleで正常に表示されるか確認します。

サーチコンソール

左メニュー「URL検査」をクリックして、アドレスをフルパスで入力します。

結果が表示されますのでエラーがなければ、「インデックス登録をリクエスト」をクリックして、再クロールをリクエストします。

もし複数URLをリクエストしたい場合は、サイトマップを送信する方法でリクエストできます。

リクエストが完了したら、あとはGoogleしごと検索に表示されるまで待つだけ!

これで掲載されれば完了です。

 

Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact