Illustrator CS6表・裏・背表紙トンボの作り方

2017.04.23

筆者の覚書として、Illustrator CS6で、表紙+背表紙+裏表紙のトンボを作ります!
印刷業者によって作り方が異なりますので、ご注意ください。
 

目次

1)新規作成
2)表・裏表紙のボックスを作る
3)背表紙のボックスを作る
4)3つのボックスを整列させる
5)3つのボックスをくっつける
6)3つのボックスをグループ化する
7)トリムマークを作る
8)背表紙のトリムマークを作る

新規作成

[ファイル]→[新規作成]から【新規ドキュメント】ボックスが開きます。
  前提として、A5サイズの表紙データを作ります。
見開きだとA4サイズになり、そこから一回り大きいサイズのアートボードを作りたいので、 B4サイズを設定します。
方向は「横」を選択してOK。
すると、B4サイズのアートボードが作成されます。
 

表・裏表紙のボックスを作る

長方形ツールを選択して、ボードのどこでもいいのでクリックします。
長方形のサイズを入力できるボックスが表示されますので、 A5サイズ(148×210㎜)を指定してOK。
これをコピペして2つ作ります。

背表紙のボックスを作る

背表紙の幅はページ数と用紙によって変動します。
印刷業者のサイトに背表紙計算ツールがあると思うので、 計算してみてください。
今回は、1.71mmの背表紙を作ります。
長方形のサイズを1.71×210mmで作り、 先に作ったA5サイズの2つのボックスの間に配置します。

3つのボックスを整列させる

[ウィンドウ]→[整列]をクリックして、 メニューを表示させておきます。
3つのボックスを選択して、 「オブジェクトの整列」から[垂直方向上に整列]をおして、 高さを揃えます。

3つのボックスをくっつける

表紙・裏表紙のボックスを背表紙にくっつけます。
まず、塗りと線を無しにします。
 
3つのボックスを選択し、 背表紙ボックスをクリックします。
すると背表紙だけブルー線が太くなります。
整列の右側にある三本線のプルダウンメニューから [オプションを表示]をクリックします。
[等間隔に分布]をクリックすると、 背表紙を軸に左右のボックスがくっつきます。

3つのボックスをグループ化する

3つのボックスを選択し、 マウス左メニューから[グループ]をクリックし、 グループ化しておきます。

トリムマークを作る

グループ化したボックスを選択し、 [オブジェクト]→[トリムマーク]をクリックすると、 ボックスサイズにあわせたトリムマークが表示されます。

背表紙のトリムマークを作る

これを作ります。
 
ガイドラインを引く [表示]→[定規]→[定規を表示]をクリックすると、 画面左と上に定規が表示されます。
左側の定規をクリックしたまま、 背表紙の左側までドラッグして、 ガイドラインを引きます。
同じく、背表紙の右側も作ります。

 
背表紙のトリムマークを作る ダイレクト選択ツールで、縦ラインを選択し、 コピペします。
それをガイドラインに重なるようにドラックすると、 勝手に吸着してくれるので、 反対側も同じ作業をして、 計3本の縦ラインを作ります。
そして、下中央にあるトリムマークも 同様に縦ラインを3本にします。
 
印刷範囲のガイドを作成 グループ化したボックスを選択し、 [表示]→[ガイドを作成]をクリックします。
すると、グループ化したボックスが、緑ラインに変わります。
これでガイドに変換され、トンボが完成しました。
ヌリタシはまた別の機会に・・・・。
Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact