AdobeMuse!英語を日本語化にする!Vol.02

2017.12.16

初心者でも、コードを一切書かずにレスポンシブなWEBサイトを作ることができる「Adobe Muse(ミューズ)」!
ドラッグ&ドロップでページを構成するのと、あらかじめウィジットが用意されているので、楽にWEBサイトが作れます!
そのAdobe Museの使い方をご紹介します!
 
Adobe「Muse(ミューズ)」の日本語化をします!
 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Adobe Muse関連の記事一覧
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
初心者でもコーディング不要でWEBサイトを作る!Vol.01
英語を日本語化にする!Vol.02
新規サイトを作成する!Vol.03
マスターページでheaderする!Vol.04
マスターページでfooterする!Vol.05

目次

1)Adobe Muse ccをDL!
2)Adobe Museを立ち上げる
3)Adobe Museの日本語化
 

Adobe Muse ccをDL

adobe muse
 
Adobe Muse cc
 
Creative Cloudを使っていれば、そのままDLできます。
単体で使うには、月1,580円です。
Adobeには、各アプリごとに「体験版」が用意されています。まずはこちらを使ってみましょう。
↓↓↓ 「Muse体験版」はこちら ↓↓↓
Muse CC : 無償体験版を開始
 

Adobe Museを立ち上げる

muse日本語化
 
・・・・英語やんっっ?!
 
っということで、
まず日本語化、
やります。
 

Adobe Museを日本語化

Adobe製品は大体「環境設定」で言語を変更できます。
なので・・・、
 
□■-01.「Edit」→「Preferences」を選択します。
 
muse日本語化
 
□■-02.「日本語」を選択します。
 
muse日本語化
 
Preferencesで出てきたBOXの「General」→「Language」を見てください。
Englishが選択されているので、ここを開いて「日本語」を選択しOKを押します。
 
□■-03.再起動して「日本語」になったか確認します。
 
muse日本語
 
日本語化を適用するには、再起動が必要です。
再起動後、日本語に変わりました。
 
出だしてつまづきましたが、次回は実践編です。
 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Adobe Muse関連の記事一覧
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
初心者でもコーディング不要でWEBサイトを作る!Vol.01
英語を日本語化にする!Vol.02
新規サイトを作成する!Vol.03
マスターページでheaderする!Vol.04
マスターページでfooterする!Vol.05
Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact