AdobeMuse!マスターページでfooterする!Vol.05

2017.12.17

初心者でも、コードを一切書かずにレスポンシブなWEBサイトを作ることができる「Adobe Muse(ミューズ)」!
ドラッグ&ドロップでページを構成するのと、あらかじめウィジットが用意されているので、楽にWEBサイトが作れます!
そのAdobe Museの使い方をご紹介します!
 
Adobe「Muse(ミューズ)」のマスターページで、共通パーツのfooterを作ります!
 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Adobe Muse関連の記事一覧
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
初心者でもコーディング不要でWEBサイトを作る!Vol.01
英語を日本語化にする!Vol.02
新規サイトを作成する!Vol.03
マスターページでheaderする!Vol.04
マスターページでfooterする!Vol.05

 

目次

1)footerの背景を作る
2)コピーライトを挿入する
 

footerの背景を作る

図形を使って、フッターとなる背景をつくります。
 
museフッターの背景
 
画面の左側にある「長方形ツール」をクリックします。
カーソルが十字に変わるので、そのままドラッグして適当にボックスを作ります。
背景色がないので、画面上2段目の「塗り」を任意で指定しておきましょう。
 
次に画面左側にある「選択ツール(黒のカーソル)」を選択し、今作った長方形を移動させます。
 
muse図形の移動
 
画面上2段目の「変形」をクリックして、「サイズ変更」のプルダウンを開き「ブラウザ幅に合わせて拡大・縮小」をクリックしてみてください。
中途半端に作った長方形が、幅いっぱいに変化したことがわかります。
 
muse幅いっぱいに配置
 
そして、忘れがち(になりそう・・・)なのが、一番左側にある「フッター」にチェックを入れること。
ここでチェックを入れないと、フッターとして認識されません。忘れずに・・・・。
 
※ここらで、「デザインモード」で操作ができなくなりました。
一度「プランモード」を保存をしておきましょう。そうすれば「デザインモード」で作業ができるようになります。
 

 

コピーライトを挿入する

フッターにコピーライトを挿入します。
画面左側の「横書き文字ツール(「T」のマーク)」を選択します。
マウスがテキストマークに変わるのを確認して、先程の図形と同じくドラッグします。
 
museテキスト挿入
 
ボックスをクリックすると、入力モードになるのでコピーライトを入力します。
フッターのボックスは黒なので、テキストを白に変更し、選択ツールで配置します。
 
museテキスト設定
 
そして、忘れがちなアイツをやっておきます!
フッターにチェックを入れましょう。
 
これで、headerとFooterを作ったのでマスターページが完了となります。
次回は、TOPページを作っていきましょう!
 
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Adobe Muse関連の記事一覧
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
初心者でもコーディング不要でWEBサイトを作る!Vol.01
英語を日本語化にする!Vol.02
新規サイトを作成する!Vol.03
マスターページでheaderする!Vol.04
マスターページでfooterする!Vol.05
Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact