時短!Google FontsでデザインUP!

2017.05.01

WEBサイトにあうフォントを探す手間と、使いたいフォントがWEBフォントになっているか調べる労力を省くために、筆者はWEBフォント「Google Fonts」の中から、サイトにあうフォントを探しています。
今回は設置方法を紹介します。
 

目次

1)「Google Fonts」とは?
2)フォントを選ぶ
3)WEBフォント設置
3-1)リンクをHTMLに記述
3-2)リンクをCSSに記述
4)Font-Familyを指定

「Google Fonts」とは?


URL:
https://fonts.google.com/
 
「Google Fonts」は、Googleが無料でフォントを提供する配信サービスです。
「WEBフォント」としてWEBサイトに使えたり、
ローカルにDLできるので、パンフレットやシステムフォントに利用できたりと、
かなり太っ腹なサービスです。
 

フォントを選ぶ

カテゴリやソート機能を使ってフォントを探してみましょう。
今回は「Ubuntu」というフォントを選ぶことにします。
 

 
画面右上にある赤文字「+ SELECT THIS FONT」をクリックします。
すると、画面右下に「1 Family Selected」というバーが出てきます。
 
バーをクリックしてボックスを開きましょう。

WEBフォント設置

設置方法は、以下2パターンです。
1)リンクをHTMLに記述
2)リンクをCSSに記述
1)リンクをHTMLに記述 「STANDARD」直下のコードを、HTMLのheadに記述します。 2)リンクをCSSに記述 「@IMPORT」直下のコードを、CSSに記述します。

Font Familyを指定

CSSのFont Familyに、「Specify in CSS」のフォント名を追加しますれば、設置完了です。
時短な上に、サイトのデザインもぐっと良くなります!
Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact