チャットBOTを作ってみた!第1回

2017.06.20

無料で!しかも、ノンコーディングで!
チャットBOTを作れる「api.ai」を使って、リールーデザインのWEBサイト制作サービス用FAQのチャットBOTを作ってみました!!
 
今回は、api.aiの使い方を、2回にわけて説明します。

目次

1)そもそもチャットBOTって?
2)api.aiにログイン
3)基本情報を入力
4)FAQを考える
5)Entitiesを作る
6)Intentsを作る

そもそもチャットBOTって?

ECサイトや求人サイトでも見かけるようになりましたが、
チャットBOTとは、人工知能を使って、自動的に会話ができるプログラムのことです。
人間 と 人間のチャットが、人間 と コンピューターでチャットするってことで、
FacebookやらLineやらのSNSでも搭載されてます!
 
導入メリットとしては、
サービスや商品なんかで質問や欲しい商品がある場合、
チャットBOTが提案してくれたりします。
ヨドバシカメラでいうコンシェルジェ的な存在になれるので、
見込み客の獲得や、人員削減などとさまざまなメリットがあります。
また、勝手に学習してくれるので、管理もラクになります。
 

api.aiにログイン

api.ai
 
URL:
https://api.ai/
 
早速作っていきましょ!
まず、api.aiにアクセスして、
「Get Started for Free」ボタンをクリックして、
ログインします。
このapi.aiはGoogleが買収したので、
Googleアカウントでログインすると楽です!
 
api.ai
 
上記の画面が表示されたら、
「Create Agent」ボタンを押します。
 

基本情報を入力

api.ai 作るBOTの基本情報を入力します。
「Agent name」・・・タイトル名
「Description」・・・説明文
「Language」・・・言語 → 日本語を選択
「Default time zone」・・・言語選択でAsia/Tokyoになります。
タイトル名と説明文は、後で変更できます。
 
入力が完了したら、画面上の水色ボタン、
「SAVE」ボタンで保存しましょう。
 

FAQを考える

そもそもリールーデザインにはFAQがない。
-----------考えます。
サイトで見かけるような、Q1 A1、Q2 A2形式で考えたとて、
BOTは会話形式だから、しょっぱなから該当しないAが出そう・・・・。
えっとまずは、オールマイティなAを作って、カテゴリ化すれば、手間が省けるか???
あと、すべての質問に答えられないから、答えられない用Aを準備すれば、
すべての質問に答えられる。
-----------
 
たとえば、
カテゴリ「制作」
Qに「WEBサイトの制作期間は」「サイトの料金は」「ホームページの見積りは」
Aに「制作期間は、およそ1ヶ月で仕様により異なります。基本料金表と簡易見積もりはこちら http://liruu.com/website/price/」
 
カテゴリ「保守」
Qに「保守の費用は」「保守の内容は」「プランの内容は」
Aに「公開後のメンテナンスは、保守契約がお得です!プランにより内容と異なります。どれにしたらよいかわからないときは、お気軽にご相談ください。プラン別料金表はご覧ください。http://liruu.com/website/price/」
 
カテゴリ「答えのない質問」
Qに「よし!!オラ悟空!」
Aに「・・・・どうやら、その質問でチャットBOTが限界値に達してしまいました。よろしければ、お問合せフォームよりご質問ください。答えられる範囲で、人間がお答えします。http://liruu.com/contact/」
 
う~ん・・・・・・。
まぁあとはBOTッチの学習に期待するとして
とにかくやってみる!!
 

Entitiesを作る

api.ai ハンバーガーメニューを開いて、
メニュー「Entities」をクリックすると上記画面が表示されるので、
画面上の水色ボタン「Create entity」ボタンをクリック
 
api.ai ここには、BOTにキーワードを登録します。
さらに、キーワードから連想ゲームでいろんな別のキーワードを登録しておきます。
要は、会話の中に出てくるキーワードからBOTが連想できるようにします。
 
先に作ったカテゴリのキーワードから連想ゲームしていきます。
まずは、
「Entity name」・・・名前を任意で入力
次に
「Click here to edit entry」をクリックすると、
-「Enter reference value」と「Enter synonym」が表示されます。
「Enter reference value」・・・今回は自分で考えたカテゴリ名として「seisaku」(制作物) 「Enter synonym」・・・制作するのは「WEBサイト」関連なので、画像のようなキーワードを入力しておきます。
 
これをカテゴリごとに作成しました。
 

Intentsを作る

api.ai ハンバーガーメニューを開いて、
メニュー「Intents」をクリックすると上記画面が表示されるので、
画面上の水色ボタン「Create Intents」ボタンをクリック
 
ここから少し厄介でした。
 
api.ai api.ai
 
まずは、
「Intent name」・・・名前を任意で入力
次に
「User says」の欄に、先に作ったEntity name(seisaku)を入力しますが、以下の形で入力してください。
---------
@seisaku:seisaku
---------
入力した文字列をドラッグすると、プルダウンメニューが表示されます。
その中から、該当の(今回は@seisaku)をクリックすると、
黄色マーカーが付加されます。
それと同時に「Action」欄にも画面のような文字列が入ります。
 
なぜドラッグしないと入らないのか?
わからなかった
 
とにかく黄色マーカーが正常で、オレンジや無色はNGです。
 
黄色に変わったら、画面のように想定される次のキーワードを入れておきます。
最後に、
「Text Response」にAを入力したら、
画面上の水色ボタン「Save」で保存します。
 

 
第二回につづく。
 
Webサイトテンプレート
WEBサイトホームページ制作
Webサイトテンプレート

Contact

About us

ご要望に沿いながら、効果を最大限に引き出すデザインや柔軟な企画アイディアを創造することをモットーに、東京を拠点として活動を広げています。

About us

Contact

WEBサイト制作などのご質問やご依頼は、メールフォームにて承っております。
ご送付いただいてから、7営業日以内に返信いたします。
 
サイトリニューアルやキャラクター制作などをお考えでしたら、ぜひお問合せください。

Contact